FC2ブログ
        

乾癬と乾癬性関節炎という病気、そして今日という日

2018/ 01/ 17
                 
今日は、定期受診の後、区役所に行ってきました。

雨が降り始めましたが、久しぶりに空気が湿って肌に優しかったですね。

区役所で健康保険の高額療養費制度の「標準負担減額認定証」を交付してもらいました。

これでいくらか医療費がおさえられると思います。

我が家は年金暮らしですから、上限額も多くありません。医療費に関して少し安心しました。

明日一日は、本でも読んでゆっくりします。

明後日精密検査の後、治療方針が決まり、入院の日程も確定すると思います。

入院といっても1泊2日を何度も繰り返して病状観察し、安定するのを待つのですが

副作用次第ということなのかと思います。

ここにきてビビっても仕方ないので、夫に支えてもらいながら流れに乗ろうと思います。

今日受診した病院の医師は、私のこの皮膚の病気を知らなくて驚いていましたが

辛かったですね・・とねぎらってくれました。

あまり一般的でない病気なので、殆ど理解されなくて差別的な思いをし

日常生活の中でも不快が付きまとい、不自由さも感じてきました。

今回の転院と治療法で少しでも変われば幸いだと思っています。




そして、今日は1月17日。

23年前のあの日、私は被災地に住んでいました。

当時臨月のお嫁さんが男の子を産んだのは23日。

水が出ず、少しづつ貯めた水を沸かして、産湯をつかわせたのは1週間後でした。

私の手で初めての産湯をつかわせました。

泣きもせず気持ちよさそうに伸びをして眠っていました。

可愛かったですね・・その子がもう、23歳の青年に育っています。

色んな事があって、私の人生がコロッと変わった年でもありました。

大まかな事は覚えているのですが、どうにもならなかった事態があったのに

その部分は不思議なもので記憶が飛んでしまっています。

毎年同じ日が来ると何があったのだろうかと、ふと考える事もありますが

思い出したくないと自分を制御しているのでしょうね。

今日はニュースも新聞も見ません。ずーっとそうしてきました。

忘れられない出来事だけど、思い出さない方が幸せな事もあると思いますね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



                 

コメント