FC2ブログ
        

何にも代えがたい夫の存在に感謝

2018/ 02/ 02
                 
病状日記のようになりますが・・

先日から飲み始めた薬の副作用なのか、飲んで2時間は倦怠感が強くて

殆ど横になってる時間が多くなりました。

朝飲んで2時間ぐったり。ちょっと元気になって昼に飲んでまたぐったり。

そして、夕方飲んでまたぐったり・・一日の内で体を動かすのに楽と感じるのは

夜遅い時間だけになっています。

一日の内、ノロノロでも私が出来るのは午前は洗濯、午後は夕食を作るぐらい。

買い物に出るだけの元気は無くなって、ずっと夫に頼んでいます。

私が横になってる時間が多くなってから、夫は朝早くに掃除をしてくれています。

夫は、私が起きてる間は手助けしようと気を使ってくれてるようです。

瓶の蓋も開けられない、ペットボトルの蓋も開けられない。

足元に手を伸ばすのが辛くなってる私に手間をかけまいと、テーブルの足元が

汚れないように気を付けて過ごしているようです。

お風呂の掃除、トイレの掃除、ゴミ出しとフルに手伝ってくれています。

ありがとうね・・・と言葉をかける私に、なんでもない事だからと笑ってくれます。

ついこの間までは、これやってよ、あれもやってよ・・が常だったのにね。

先日一緒に病院に行ったとき、診察室に一緒に入って医者に病状を聞いて

大変な状況なんだと思ったのでしょうね。

気が付くのが遅いよ・・・と思いもしましたが、ものすごく心配してるのだと解ります。

それでも日頃と変わらなく過ごしてくれているのがとても嬉しいと感じます。

いつものように、好きな時に寝て、大声で笑っていてくれると心が休まります。

これからの日々、検査漬けでその度に薬も増えていくでしょうし、最悪の場合も

医者は考えているようで言葉尻で予想はつきます。

ハッキリと確定した訳ではないので、実感は無いに等しくて覚悟も考えも出来ていませんが

何故か私の人生はいつも結果良しに恵まれてきましたからね。

悲観する気持ちは湧いてこないのですよね・・今度も何事もなく大丈夫という気がしてなりません。

元々は乾癬の最新治療を受けるための準備検査だったのが、思いがけない事になって

医師もびっくり、夫も私もびっくり・・なのですからね。

とにかく、なんであれ治療出来れば万事それを受け入れるだけだし

薬の副作用は少々辛いですが、初めての事じゃないし、なんとかなっていくものだと

経験上考えています。

以前とは違って、今回は夫が一緒に添ってくれる心強さが支えになってくれています。

伝わらないもどかしさが無いのはどんなことより気持ちが楽ですね。

今日の夕食に根菜の煮しめとカボチャ煮を作りましたら、相当気に入った様子で

美味いね・・を連発してくれました。

色々ありますが、和やかな我が家のひとときに幸せを感じています。


にほんブログ村







スポンサーサイト



                 

コメント