FC2ブログ
        

蕎麦屋と結婚記念日

2018/ 02/ 23
                 
今日は結婚記念日でした(^ω^)

ん・・十年を夫と暮らせていることに感謝と敬愛の気持ちでいっぱいです。

たった一年の間に色々あるもので、退屈する間もなかったように思います。

朝、顔を合わせた際、「記念日ね、今までありがとう、これからも宜しくね」と

夫に挨拶しましたら、ツレナイ一言がかえってきました。

「俺、そういうの嫌いなんだよ!」  あらら・・もしかして照れてる!!(^^)!

夫が云うに、過去は過去、過ぎてしまった事を懐かしんでどうなる・・だとか・・

でも、指折り、〇〇年だったからと、年数を数えていた姿にフッと嬉しさを感じました。

特別何もお祝いしませんし、誰からも祝ってもらう付き合いもないので

私から、今日は結婚記念日だよ!と言わなければスルーしたかも知れませんが

私が人生最大の喜びの日を忘れる筈もなく、毎年、当日の朝言葉をかけています。

相変わらず気にもかけてない風にテレビに目を向け、ツレナクして見せますが

お昼過ぎになって食事へ誘ってくれました。

行先は、結婚当初の頃、たまたま見つけた老舗の蕎麦屋さん。

雰囲気があって、うどん圏に育った私は興味津々で店に入りたいと願ったのですが

その頃は日々の暮らしも厳しい家計事情。

夫は、値の張る店での食事が出来る程財布に余裕が無くて聞かなかった振りをしたとか・・。

結婚したての私は事情を知らなくて、夫は外食が嫌いなんだと思っていました。

以来、その蕎麦屋さんの話題が出る事はなかったのです。

記念日の今日は、夫の好きな鶏料理を作って私なりに祝ってきました。

年数を重ねて、時々外で食事をする機会も増えましたが、当時住んでた場所から

離れていた蕎麦屋さんに来ることはなかったのです。

たまたま今の住居に越してきて、初めて近場にその蕎麦屋さんがある事が解りました。

一年ちょっと前の事です。

「この蕎麦屋さん、昔私が入りたかったお店だよね?」と夫に尋ねた事がありました。

その時も夫の返事は曖昧で、気にする風でなく素通りしていました。

散歩や買い物で始終通る蕎麦屋さんの店先でしたが、私の記憶違いなのだろうと

何時の間にか蕎麦屋さんへの関心も無くなっていました。

ところが前年末、夫がポツリと言ったのです。

この蕎麦屋、お前が入りたがっていた店だよ・・・。と 

え~~ぇ、やっぱりそうだったんだぁ~!!

聞いたものの昔ほど関心が無くなっていて、食べにいく話題にもならず今日に至ったのですが。

お前、行きたがってたじゃん、あの蕎麦屋・・

え、そうだけど・・行くの?

言葉と裏腹な夫の物言いに戸惑いましたが、素直に喜んで連れて行ってもらいました。

思ったとおりの店内で雰囲気もあって、注文した蕎麦御膳も期待外れになりませんでした。

でも、なんていうのでしょうかね・・年を経るというのは残酷ですね。

結婚当初に見つけた時の期待感?ときめきのようなものを何処かで無くしてしまったのか

嬉しいのだけど何か違う‥夫の思いやりがすごく嬉しいのに思いが言葉になって出ない。

また来ようね・・それ以上に話は発展しませんでした。

夫は、もっと私が喜ぶと思っていたのではないかと思います。

だから、今日を選んでくれたのだと思います。

その気持ちに100%応えきれなかったのが申し訳ない気がします。

毎年心待ちにしてきた結婚記念日、今年はちょっぴり苦い思い出が残りました。



ごめんね・・そして、ありがとう!

貴方の気遣いは痛いほど心に沁みています。

このブログを貴方が読むことは無いのだけど、いつか目にする事があったとしたら

100%以上の感謝と想い、貴方へのときめきは、結婚当初から変わることはなかったのですよ。

お互いに爺婆になりましたが、もう少し一緒に歩いてくださいね。💌


にほんブログ村
スポンサーサイト



                 

コメント

        

Re: No title
ポンデリン子 さん。

お祝いの言葉をありがとうございます。

夫婦の暮らしは波のような上下を繰り返し、時に凪となって静かなたたずまいを見せるような
それでいられたら、一番幸せのようなきがします。
でも、不本意ながら年と共に我が表に出てくるのも確かなようで、そんな時、互いが
暖かい気持ちで受け止められれば、その先に見えなかった本質を知る事が出来て
若い時と違った好意が生まれたりする気もします。
老いての二度惚れ・・・なんて私流の夫への恋心を大切にしています。
当然一方通行を当たり前と承知してですが・・・・(*´ω`)

我が家は完全年金になってからの方が、暮らしを楽しめるようになりましたよ。
日々のつつましさの中に小さな共通の喜びが見つかると、その日一日がよかったねぇ・・になります。
Re: No title
”匿名” の権兵衛さんへ

ありがとうございます。
お恥ずかしい限りで私の入れる大きな穴を探したいくらいですよ。
No title
結婚記念日、おめでとうございますぅ~
先日は拍手コメント頂いて有難うございました・・
結果的にはこのまま何も変更しない事になりました
2人だけの生活だと、あまり差が出ないんですよね~
今後どう変化していくかで、また考えます・・
コメント、嬉しかったです・・有難うございました・・

記念日に思う妻の気持ち・・夫の気持ち・・・
この記事を初めて読ませて頂いて
何だろう・・凄く胸にジーンと響きました・・
感謝するって凄く大事な事ですし
お蕎麦屋さんの事も、気持ちのタイミングのズレ?
何だか自分達にも似た様な事があった気がしています・・

でも、相手を思い遣る気持ちがあれば
きっとその想いは届くと思います・・
我が家はまだどっぷり年金生活ではないですが
その内、リン子が年金貰う様になり
夫婦で節約しながら暮らして行くんだなぁ~って
少しほのぼのしました・・

ツキノウスさんご夫婦、素敵ですよぉ
感謝をこうして文章にするって素敵です・・
また時々読ませて頂きますねぇ~
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
reiさん。

お互いに何があっても、何かの折には必ず感謝の気持ちを伝えるようにしています。
私たち夫婦は夫婦以外で祝ってくれる付き合いはありませんからね。
自分たちで、頑張ってきたよね・・と認め合うしかないのですが
年を経て、何所となく夫婦で感じ合うものに差が出来てきたように思います。
それでも思いやってくれる気持ちに変わりはないですから、嬉しさにかわりはないのですよ。
互いに少々感動する事への関心に変化が生まれたのは仕方のない事だと思います。
Re: うん十年
イズラーさん。

結婚記念日を何方かとなく〇年目だね!と楽しく語ったのは何時頃までだったか・・
何時の間にか私の方から、今日は・・と言いだすことで返事が戻ってくるようになりましたね。
結婚するまでの過程が、私には忘れがたい思いがあって特別な日なのですが
夫婦だからと言って、常に同じ思いだとは限らないですから。
それでも一方通行でも大切にしたい気持ちは多分ずーっと変わらないと思います。
No title
ちゃんと感謝の言葉が言えるって素晴らしいですねぇ
我が家は結婚記念日にお祝いした事は有りませんし、言葉すらありません、お互いに(笑)
子供達がおめでとうって言ってくれるだけで良いのです。

思い出のソバ屋さんも昔ほどの感激が無く残念でしたが、旦那様の気持ちは有りがたいですね。
うん十年
経つと、結婚記念日はさほど感動ないですね。
銀婚式のときだけは家族で祝いました。