FC2ブログ
        

快癒していく病状と、空き瓶と徳利に生けた花

2018/ 04/ 01
                 
昨日無事2回目の化学治療を終えて退院しました。

今回は治療後直ぐに薬疹が出て心配しましたが、薬の処方を受け、

退院後一日を経てほぼ薬疹は沈静化しました。(´ω`人)

前回の時のようなだるさも少なく、頭痛も軽く済んでいます。

そして、何より関節のこわばりと痛みがほぼ無くなりました。

全身に世界地図のような広がりを見せていた乾癬も薄い茶色に変色し

でこぼこした手触りもほぼ無くなりました。

「足全体の乾癬がもう少し改善されれば、治ったと言える程に改善したと言える「」と

担当医も経過を見て喜んでくれました。

数か月前までは考えられなかった今の状況です。

最新の治療法があるのはネットで知っていましたが、日本で容認されるまで何年かかるかと

半ば絶望的な思いでいました。

そして容認されても保険適用でなければ高額な医療費がかかり、庶民には手の出ない

治療方法でしかないと諦めていました。

そのうえ、今回のような化学治療を行える指定病院が国内にまだ少ない事等々・・

治療を受けられる環境が整っても、本人に内臓的疾患などがない事が条件でもあり

私には雲の上の医学でしかなかったのですよね。

偶々通っていた病院で何人も皮膚科医が変わり、つい数か月前出会った担当医が

指定病院の皮膚科医だった・・・それから流れるように今の治療法を受けられるようになり

現在に至って、ただただ夢のような日々を送りました。

治療前の検査で思いがけない別の病気が見つかって、先々も考えなくてはならない状況も

あったけど、とりあえずは今出来る事を最優先にしてくれました。

横になったら寝返りも打てず、痛みと痒さで熟睡も出来ず、わずかな前屈みも立ち座りも

痛みで困難になっていた年数、最終的には歩くことも難儀になった頃に出あった皮膚科医と治療法。

こんな幸運てあるのでしょうか・・

64年生きてきて、探さなければない程いい事に縁遠かった私は人生最大の贈り物を

貰ったような気持ちです。

あ・・でも、夫との出会いがその前にありましたから、夫が幸運をもたらしてくれたのでしょうね。

色んな人に感謝です。ただただ感謝です。

夫の絶え間ない私への力添え、支えにただただ感謝です。

まだ、入院は2回あります。おそらく順調に進むだろうと思われます。

その後、通院に変わっても同じ治療は続きますが、当たり前だった暮らしを取り戻し、

結婚して以来考える事も出来なかった普通の日々を老い終わるまで

夫と過ごせるのを願っています。

昨日の退院時は一人で帰宅しました。

夫に疲れが見えていましたから、少しの時間気分を開放して貰いたいと思い

お迎えはいらないからと遠慮しました。

電車や東京に慣れてない私ですが、帰宅時ですからね、電車が止まっても

時間に約されてる訳でないので何とかなると思いました。

ちなみに、前回の退院時は電車の沿線の家の火事で、乗る予定の電車は全面運休。

過去にテレビのニュースで見た入場制限のかかった改札前の群衆を生で体験しました。

帰宅時間に倍の時間がかかりました。

で、今回は行きの電車。いつ運行開始になるか不明・・のアナウンスが流れ

止まった電車から違うホームに移動、電車を乗り継ぎ予約時間寸前で病院に着きました(*´ω`)

横浜市内なら私一人でもなんとかなるのですが、東京方面となるとどうすればいいのか・・

夫には気の毒ですが、行きは先々も付き合ってもらうしかないようです。


帰宅しましたら、夫は洗濯をして待っていてくれました。

有難かったですね、帰宅次第洗濯が待ってると思っていましたから・・。

前回の洗濯より丁寧に干してありましたが、夫の長下着の裾が汚れていました。

夫も気づいて「なんでだ~~!?」干すときにベランダの床に垂らしたのでしょうね

まぁいいさ・・と。(^ω^)ぽんぽんと叩いたら汚れは落ちたとか・・(*´ω`)

ほっと荷物を片付けてふと机の上の花に気が付きました。

花は、私の机だけでなく、夫の机、食卓のテーブルにも飾ってありました。

花はベランダでいっぱい咲いてるフリージア。

机の花瓶は飲み物の空き瓶で、食卓の花瓶はお酒の徳利です。

入院前に「折角のフリージア、部屋にも飾りたいよね・・・」と話してはいたのですが。

低い背の花は徳利に生ける手もあるよ・・と何気なく私が話した事を覚えていてくれたようです。

そして飲み物の空き瓶は、夫が気に入って花瓶にしたくて買ったと言います。

案外花と似合ってると思いました。

私の退院を花を飾って待っててくれたのだと、すごく幸せな気分になりましたし

フリージアの匂いが気持ちも穏やかにしてくれました。

夫の優しさにいつもの何倍も感謝したい気持ちです。

それにしても・・・・・私よりずーっと良い趣味をしてるかも・・ねぇ

我が家はアルコールを嗜みませんが、何故か一組徳利と猪口がありまして、別の使い道が出来ました。
fur-zia0.jpg

⇓同じものが私の机の上にも置いてありました。なんの空き瓶なのか、良い色合いだと思います。
fur-zia.jpg


にほんブログ村
スポンサーサイト



                 

コメント