FC2ブログ
        

涙は心を癒すのでしょうかね

2018/ 11/ 17
                 
昨日、朝早く起きて洗濯、朝食を済ませたら、猛烈な眠気が出てきて

台所の洗い物を片付けた後、布団に逆戻りしました。

前夜、何という事もなくただ眠れなかっただけで、私の日常では珍しくないのですが

私が夜が明けた後に.、眠気を我慢できなかったのはとても珍しい事です。

カーテンを開けて明るいままにして目を閉じたのですが、なんと目覚めたのは正午を過ぎていました。

今週は初めから毎日のように外出していましたので、疲れが溜まっていたのかも知れませんね。

赤信号の状態だと解釈し、午後からは静かに過ごしました。

ところが、夜になっても眠る事が出来ませんでした。  (当たり前なのでしょうね)

それでも22時半には薬を飲み、布団に潜り込んで自分の呼吸に集中する方法で

眠る体制に入る努力はしたのですよね。   (あくび一つ出ませんでした)

夜(午前3時)  目がパッチリ、頭もすっきりで寝てるのがしんどくなって起きてしまいました。

この時間は静かですねぇ・・・なーんの音もしないのです。

いつもの事ですが、YouTubeで音楽を聴きながらパソコンに向かう事にしました。

以前にもブログに書いたのですが、ちょっと昔の歌。

案山子》 という歌なのですが、メロデイーも良いのですが、私は歌詞に心奪われます。

13歳で離れ暮らした父の事。

今の私の歳で脳梗塞を患い、右半身のマヒと言葉を喪失した母。

父は32年前に死去し、母は約20年前に死去しました。

一言で語れない色んな事情があって、母に対しては葬式以来一度も墓参りさえしていない状況です。

10代から母の介護をしていながら、最終的には特別養護老人ホームに託すことになって

これまた語るに堪えられない事情があって、殆ど面会することもなく、私は今の地に転居。

今の夫を連れ、再婚の意思と遠く離れた地へ行ってしまう故を、言葉を発しない母に

伝えに行きましたが、何か言いたげな表情と諦めてしまったように項垂れてしまった母の姿が

今でも忘れられなくて心が痛み続けています。

母は私に捨てられたと思い、悲しんでいたのかも知れません。

老人ホームを後にするとき、母は振り向きませんでした。

その頃、兄からよく電話がかかってきました。  「おふくろをどうするつもりだ・・」と。

「ほったらかしにして気にならないのか!」  と。  口汚く罵られ、罵倒されて・・

身体も心もすくみあがるほど、痛かったですね。

そんな折、《案山子》 を耳にする機会があって、聴きながらボロボロ泣きました。

亡くなってしまってから、いくら悔やんでもどうにもならない切なさが 《案山子"》 の歌詞が

代弁してくれてるようで、聴く度に想いが込み上げてきて涙しています。

若い頃、やっと自由になる収入を得て、リュウマチが辛い父に暖か肌着と上着を

送ったことがありました。  

でも、勿体ないからと、とうとう生涯手を通してくれる事はありませんでした。

袋に入ったまま新品で、大切にタンスの奥に大事にしまってありました。

母の亡くなった一年後、形見というものが段ボールで送られてきました。

老人保健施設や老人病院、特別養護老人ホームに託した時、私が母に着せた介護用の服。

他には、写真の一枚も同封されていませんでした。

満開の桜の下で撮った笑顔の写真や有馬温泉に連れて行った時の写真など

捨てる程あった筈なのに・・・・介護用の服だけを送ってきた意図が解りません。

父が倒れ、不随の状態の時も、母を置いて越して来た時も、命ある時に会うのは多分これが最後と

覚悟はしたものの、危篤状態に間に合わず、死に目にも間に合わなかった悔いが

無い筈もなく、悔いしか残らないものです。

もっとも、間に合う状態の間に連絡をくれた訳じゃないので、仕方が無いのだと納得するしかなかったのですが。

近頃、老いて取り巻きが居なくなり孤独になった兄が、寂しくて生きる甲斐が無いと電話口で泣いていました。

でも、私に変わりはないかと聞くこともなく、耳を傾けても自分の寂しさはどれ程のものかと語るだけ。

「切ないね、寂しいね・・。」  と答えるのが背一杯でした。

時に音楽は涙を誘い、泣くことで心を癒してくれるのだと思いました。

私の場合、自分を慰める一つの手段なのかも知れないですが・・

この頃は叙情的な音楽を聞く機会が増えました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



                 

コメント

        

Re: No title
nanno さん。

返信遅くなりごめんなさい。

ありがとうございます。
言葉の一つ一つに励まされる思いで読ませていただきました。
心から感謝いたします。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
ポンデリン子 さん。
コメントをありがとうございます。

現在の兄には家族はいないのですよ。
結婚後数年で当時37歳の妻と死別し、その後再縁しましたが続かなくて・・
年月過ぎて、今71歳になって添うものがいない事に漸く気が付いた‥そんな感じです。
兄は何故か人の心に添う考えの出来ない人でね、会話をするといつも此方が傷つきます。
若い時と違って、この年になって傷つくのは辛いですからね。
気持ちの修復が出来ないのですよね。

私は子供の頃から泣かない子で、大人からは可愛げがないと言われてきましたが
老いて涙腺が緩んできたのでしょうかね、ポロポロと訳の解らない涙が出るようになりました!(^^)!
私にとってはいい傾向なのでしょうね。
Re: こんにちは。
HIRO さん。

コメントをありがとうございます。

何方にも心に残る歌はあるかと思いますが、その時代に置いて背景もそれぞれで
悲喜こもごも、何かの折にふと蘇りますね。
年を経て解釈にも微妙な変化を感じます。

家族は一番身近で遠慮が無くて、どうにかすると他人より遠く冷たい存在になる気がします。
個々の性分もあると思いはしますが、仲の良い関係には程遠くて寂しい気がします。
No title
案山子・・私も好きな曲です。
♬手紙が無理ならぁ~電話でもいい~♬
って流れると泣けます・・・

色んな想いが重なる時は、歌えないですねこの曲。
ツキノウスさんも沢山の想いを過ごしてきたんですね~
お兄さんにはご家族は居ないのですかぁ?

歳老いてくると、寂しい気持ちって誰にも芽生えるもので
若いって言う事は、ホントに凄い事なんですね~
単純に若さで乗り越えられる事が沢山有ります

でも老いてくると、それだけで辛く寂しくなってくる・・
人間ってそんな生き物なんでしょうかねぇ~

昼寝でも何でも眠れるって事は大丈夫・・
夜中に眠れないのは辛いですけど
眠れる時に寝るって大事かもぉ~
涙は身体を浄化します・・
泣きたい時は泣きましょう・・
こんにちは。
>一言で語れない色んな事情

私にも有ります。
長く生きてると、いろいろとね。

「案山子」の主人公は、
親に愛されて幸せだなと感じます。

家族が平和で仲がよいのが一番ですが、
そうではない場合も・・・。
Re: No title
nanno さん。
いつもコメントをありがとうございます。

文章を書きながら思う事が有ります。
胸に溜まり溜まった澱のようなものがあって、年は重ねても解消されてないのだと。
此処は誰にも知られてない私の隠家のようなところですから、深夜苦しくなったらポチポチとキーボードを叩くのです。
他愛のない日常、たまに凹み、ぽろっと涙し、口に出せない怒りの時も活字にしてみれば自分の本音が見える事もあります。
数回に一度は文章にして、読み返して削除しますが
読みぐるしい内容も自己満足しているのならそれもいいかと考えています。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます