FC2ブログ
        

12月に入りました

2018/ 12/ 05
                 
12月に入ったのに暖かいです。

今日の夕刊に、蝉が出てきてしまったと写真付きの記事が載っていました。

夏場だって幾日も生きられないのに、こんな中途半端な季節に出てしまって可愛そうになります。



先週末に7回目の化学療法を受けましたが、しんどさは幾らかマシになってきた気がします。

それでも入院して受けるのと違って、治療を受けた後の帰宅は堪えます。

偶々人身事故で電車に遅延があり酷く混んだため、夫と離れた別の席に座りました。

その際、夫にいつもと違う駅で降りるからと言われていたのですが、

ぼーっとしていたのでしょうね、降りる駅を間違えてしまって、此処は何処?の状態に。

降りる予定の駅名も覚えて無くて、なんでこの駅で降りたのかもわからない。

電話をしても呼び出し音が聞こえない夫なので、とりあえずショートメール。

暫くの後夫から電話が入り、 「馬鹿だなぁお前、何処で降りたんだ」 と。

どうやら私は一駅早く降りてしまったようです。

どこで降りても帰宅することに困りはしませんが、待ち合わせてタクシーに乗る事になって

またギューギュー詰めの電車に乗って夫の待つ駅まで行きました。

病院を出る頃から膝が笑う程疲れ切っていましたから、たった一駅が遠く感じました。

でも、治療後は、4・5日、体に力が入らないのが、今回は3日で回復しました。

他の副作用も殆どなくて、身体が薬に慣れてきたのだろうと思います。(´▽`*)

治療後にへばらないように、体力をつける過ごし方も必要になりました。

病院で過ごす時間が長いので、何もすることなく夫を待たせるのが気の毒で

一人で治療を受けに行こうと思っていたのですが、今のままじゃ少々心もとなくて

もう数回は付き合ってもらうことにしました。

夫は、今回、待ってる時間帯を利用して近くの寺社に行ってきたようです。

次回からは、私の治療の終わる時間帯に間に合うように都内を回ると言います。

私も大賛成です。  朝から夕方まで廊下の椅子で待たせるのは気になるものです。

夫が待ち時間を楽しみに使ってくれたら、安心して治療を受けていられます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



                 

コメント

        

Re: No title
nanno さん。
コメントをありがとうございます。

勿論、私が望めば、夫はタクシーを使ってくれます。
でも、日常乗る時間帯の電車なら楽に座れますし、移動時間も短かくて済みますからね。
トラブルが無い限り電車での移動の方が体には負担がありません。
過日は偶々電車のトラブルに巻き込まれて辛い思いをしましたが
たぶん、次回同じような状況になれば夫は迷わずタクシーを使うと思います。





> 治療の日は、「お二人で一緒にタクシーで帰る」のは懐が痛みますか? 「タクシーで帰る」と決めていたら、治療の時間も、楽になり、御主人にも精神的なゆとりが出てくると思うのですが・・・・。
No title
治療の日は、「お二人で一緒にタクシーで帰る」のは懐が痛みますか? 「タクシーで帰る」と決めていたら、治療の時間も、楽になり、御主人にも精神的なゆとりが出てくると思うのですが・・・・。