FC2ブログ
        

春先の体調不良と後期高齢者医療

2019/ 03/ 17
                 
お久しぶりです。

春先に体調が崩れやすいというのは本当ですね。

救急で病院に行ったりと大変でした。

軽い風邪だったのがだらだらと長引いて、幾らか食欲が戻って何とかなりそうな具合になりました。

夫に言わせれば・・年だよ・・なのだそうですが。

つい先日65歳になったばかりなので、少々その言いに悔しいと思ってるところです。

気持ちと体とは別々なのでしょうかね。

その誕生日を迎える数日前、介護保険証が届きました。

なるほど・・・・そういう年頃になったのは確かなんだわ・・と認めるのも悔しい。

意地悪く、夫がこの保険証を使うのはお前の方が先だよな・・などと言うし

それに言い返せないのも悔しい。

でも、良い事もある  と言っていいのか解りませんが、

私は障害者手帳を持っているので、後期高齢者医療を受けられることになりました。

一般の健康保険は75歳から自動的に移行になり、医療の窓口での支払いの際は一割になりますが

私はちょっと早く一割で医療を受けられることになった訳です。

年金暮らしの我が家にとっては、医療費の三割負担が一割になるのはとても有難いのです。

たかが知れてる私の収入ですから、保険料も高額医療費も変わってくるものと思われます。

病気をしないように日々精進していますが、そう思惑通りにいかないのが生身の体。

生きている間ずーっと続く治療も受けていますから何があるかわからないのも確かで

この医療制度に感謝するばかりです。

でも、病気に負けない心身を保つことは何よりも大切にしなければと思っています。



少し空気が温んだ頃から臥せっていましたので、久々に外に出て春近い風景になっているのに

目を見張る思いです。

団地の敷地内に植わってるコブシや木蓮が咲き始めていたのは知っていましたが

いつも春を感じる早咲きの桜が満開を過ぎていたのに驚きました。

日陰に入ると、まだ風が冷たくて寒いと感じるのですが、お日様は暖かで

図書館まで歩く時間を楽しく過ごせました。

のんびりゆっくりと日曜日の街の歩道を歩きました。

親子連れ、老若男女のカップル。  

何処へ向かうのか観光客らしい海外の人と半袖のジョッキングランナーとすれ違う。

みんな明るい表情をしていました。

いつもなら長い行列の出来るバス停には、数える程も人はいない。

日曜日の風景はいいものですね。

街路樹の桜も蕾が膨らんできて、暖かい日が続けば咲くのも近い気がします。

綺麗な声を聞かせてくれる鶯が、団地の敷地の木に飛んでくる日も

もうそろそろかな・・などと、ワクワクしながら待っています。

20190313okame.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村








スポンサーサイト



                 

コメント

        

Re: 高齢者
マーニ さん。

コメントをありがとうございました。

今日は定期受診日で、初めて後期高齢者医療保険証を提示しました。
まだ、仮の保険証なのですが窓口の支払いは一割で済みました。

領収証の費用区分の欄に「後期」と記されていまして、何だかこそばゆい気がします。
正規の保険証は葉書大より少し小さめだとか・・役所の担当さんが言ってましたね。

そうですね、出来にくい事はやらないと気持ちを切り替えれば楽になりますね。

いじわる婆さん、懐かしい(^ω^)
あんなふうに生きられれば楽しいでしょうね。

高齢者
まだまだ、、大丈夫ですよ。

昨年、高齢受給者証なんてのをいただいて、
病院の窓口に出すのですが、

保険証のサイズより、、随分大きいのです。
70歳を超えてます、、みたいな感じで、ちょっと恥ずかしい気分?

でも、年取った事は恥ずかしい事でもないハズですから、堂々とすれば良いのでしょうが、

どこか、若いフリがしたい自分がイル様です。

年齢を重ねて、確かに身体の衰えは感じていますが、、考え方変えて、出来にくい事をやらなくて良い年頃になった、、と思う事にしております。

調子が悪ければ、オトナシクしている時間を増やせばよいのです。

やらなきゃイケナイ何てことは無いのでしょう。
「申し訳ナイけれど、、オネガイ」と、老人力発揮しましょう。

楽しむ時だけ元気でも、、誰も文句は言わない様ですよ。

ムカシTVで見た ” いじわる婆さん ” みたいに明るく元気な年寄になってやりましょう!

気持ちの良い春風、、楽しみたいですね。