FC2ブログ
        

歩くのを避けて、バスで移動

2017/ 09/ 24
                 
夫が動けない状態の時に、用が重なって、今日一日忙しく移動しました。

いつもは時間の節約と運動を兼ねて歩いて移動するのですが

調子の悪いのは私も同じなので、バスで移動することにしました。

でも、今日は日曜日だったのですよね・・バスの便が少ない。

一応時間表を見て出かけたのですが、観光地を抜けてくるバスなので

乗るのを躊躇うほど混んでいて、結局、2台見送りました。

待つこと40分、いくらか混んでいるバスに乗りましたが、困りました。

先に乗っている客の誰かの香水でしょうか・・私は臭いの過敏症で、特に香水は苦手なのです。

降車口に近いところまで移動しましたが、息が詰まってしまって一駅で降りる事になってしまいました。

そこからまたバスを待って、目的地に着いたのは1時間後。

普段歩いて20分ほどの場所なのに、余計な時間がかかってしまいました。

一つ目の用を済ませて、別の場所に移動・・またまたバスを待って

3つ目の用を済ませたのが午後になってから。

私が家を出たのは午前10時前で、費やした時間は殆どバスの待ち時間でした。

疲れるのを避けようとバスに乗ったのに、余計疲れました。

帰宅すると夫がベットに寝たまま言います。

「鬼のいぬまに掃除をしたよ!」

私がするって言ったのに・・なんで?普通に歩けないほど痛いんじゃなかったの!

昨日は私も辛くて、掃除にまで手が回らなかったけど、一日掃除しないのが気になるの?

正直ムカッとしました。

しんどい時は養生して欲しいと思ったのに、ほぼ一日ベットで過ごしているのに・・と。

「だいぶ、楽なんだよ!明日は治ってるさ!」 と、 夫は笑顔。

そう言いながら、腰を曲げたまましか歩けてないのになぁ・・と複雑な気持ちなのですが。

どうやって掃除をしたのかと思いましたが、済ませたものは仕方ないです。

夫なりに、私が疲れてるからと気を使ってくれたのだろうと解釈して、腹を治めました。

昼食も食べないでいた夫の為に、夕食を早めに支度することにして

座って休むこともなく、夫の好きな鶏料理を作ることに。

お腹が空いていたのでしょうね、疲れて食欲のない私の分のご飯も食べていました。

まぁ食欲はあるのですから、腰は痛みが無くなれば元気になるだろうと思います。

夕食後に夫が独り言のように言いました。

「俺、自分が70歳だというのを自覚しないとダメだよな・・。」

「気持ちは20代のつもりだから、体がついていかないんだよな・・。」  と。

私のむかっ腹が伝わったのでしょうか、顔色が違っていたのか

私に聞こえるように独り言が出たのでしょうかね。

夫自身が一番堪えたのでしょう・・

「お前はどんな時も慎重だよな、俺もそうしないとダメな年になったんだよな。」

「顔は若々しいよ!でも、体は老いていくんじゃないかな!」

夫が自室に入る前に交わした会話です。

夫婦だけの暮らし、日々がとても大切に思えます。

ao.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



                 

コメント

        

No title
reiさん。

夫に、私は過去に一度だけその場で怒ったことがありましてね。
結果、どうしてそこまで落ち込む?というくらい凹まれまして
数日口も利かない、顔を見ようともしない、用もないのに何処かへ
出かけて暗くなってから帰宅する・・なんて拗ね方をされました!(^^)!
それ以来、露骨に怒ることができなくなりましたね。

今回は、手伝ってやろうと思いやる気持ちで掃除をして
くれたのだろうと思います。
とても有難いのですけどね、複雑な気分ですよ。


No title
お互いの思いやりが大事なんでしょうね
私は直ぐ口も態度にも出るので、怒っているのは伝わります(笑)

言えば良いってもんじゃないけど、空気のように言わなくても解る夫婦ってそうはいないと思うから、言いたいことはちゃんと言える夫婦でいたいね。
それが一番難しいけど(笑)

旦那様、居ない間に一生懸命痛い腰をさすりながら掃除したんでしょうね。
喜ぶと思っての事だと思うけど、酷くなったらそれはそれで迷惑何だけどね(^^;